スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どんぐりを食べたい!!

子どもの頃、学校で
「縄文時代、人はドングリなどを食べていた。」
って習いましたよね。

それを聞いて、
ドングリを食べてみたい!と何度考えたことか。

しかし月日は流れ、
そんなことを考えていた事すら、すっかり忘れていましたが
先日、ドングリ大量スポットを見つけ
ついに実行する日が来ました。
おー!!

子どもの頃、母に聞かされた
「どんぐり食べたらフンづまりになる。」
という説が、若干気にかかるけど。



今回食べるのは
この「スダジイ」のドングリ。

donguri1
ちっこいです。

このドングリは、なかなか優秀で
渋がほとんど無いために生食も出来るんだそうです。

ほんまかいな。

拾ってきたドングリを、ビニール袋から取り出すと
dongurie1
さっそく想定内の出会いと別れが。
(庭にお引き取り願いました)

まずは大まかに、これはどう見てもアカンやろ、
というドングリを取り除いて、残りを水に浸します。
水に浮いてきた分は、虫喰いドングリなので捨てます。

次に、そこいら辺に落ちていた物なので
洗うべし洗うべし洗うべし。
食器用洗剤(キュキュット)も投入して洗いました。
(洗剤の用途に「野菜・果物・食器・・・」となっていたので、たぶん大丈夫。)

donguri2

どっさり。
ザルに入れると、一気に食品っぽく見える。
もっとたくさん落ちていたけど、剥く作業を考えて思いとどまりました。

まずは生食。
donguri3
剥く手間は、天津甘栗と大して変わらない。

食感は、かたくなっちゃってる天津甘栗。
重要ポイントの味は・・・んー・・・ほぼ無味。

こども達は、自分たちが拾った!!という気分も手伝ってか
「おいしい、おいしい!」と言ってましたが。

次は調理してみます。 → 「どんぐりを食べたい!!2」
dongurie2
自由研究風に。
にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント

No title

おお!
食べられるどんぐりがあるんですね~!

一見、にんにくの小さい版みたいですが
味はあまりしないんですね^^;
ハルハルが1年生の時、ドングリを使ったホットケーキを
(ホットケーキミックスにドングリを混ぜて焼く)
作って食べる授業があったのを、思い出しました^^

No title

 スダジイ 初めて聞いたなぁ
落ちている木の実はほぼ ドングリ ってことで…
 
 無味かぁ マカデミアナッツ的なモノを
想像してたのに… 
まぁ 最初の 出会いと別れ のところで
ムリムリムリムリィィィ~  と思った
がぱちんです…

No title

わー自由研究の続きが気になります~。
生食って、余計にフンづまりになりそうな・・・。
でも食べれちゃうんですね!
>「縄文時代、人はドングリなどを食べていた。」
なんて、まったくもって覚えてない記憶力の悪さにがっくし。
「殻斗」も振り仮名がなければ読めませんでした・・・。

No title

>もくれん様

そうなんですよ~。
意外と味がない。
まずくもないけど美味しくもない。
ホットケーキに混ぜて焼くのもいいですね♪
来年、気力があったら真似てやっちゃうかも!

>がぱちん様

ドングリにも結構種類があるみたいですよ~。
でも、よほど特徴がないと見分けがつかないですよねぇ。

ごめんなさい~!!
段々虫に慣れてきてしまって・・・。(汗)
でも大丈夫ですっ。
虫話はこれで終わり。
あっ、逃げないで~!!

>まりたまり様

大丈夫!!フンづまりませんでした!!
人体実験済みです。(被験者4名)

縄文時代は、授業でもいっちばんサラッと流しちゃうところですよね。
覚えてるのは、食い意地が張っているからだと思います。(汗)

殻斗は私も今回調べて、初めて知りました。
最初、Gackt??とか思いましたよ・・・。
Kacktでしたが。カックン。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。