スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エジプトに行って来ました(2)

旅行2日目にして、ようやく飛行機はカイロ空港に到着。
や、やっと歩ける・・・と喜ぶのも束の間
ルクソール行きの飛行機に乗り換えです。
Oh・・・。(外国人ぶってみる)

カイロ~ルクソール間は1時間ほど。

位置関係はこんな感じ。

130513-6


ところで、ルクソールは様々な遺跡のある所。
以前に事件も、そして最近、残念な事故もありましたが
見どころが沢山なんです。

まずは、ルクソール東岸。

ナイル川を挟んで東岸・西岸と遺跡群は分かれており

東岸は現世に関係する遺跡群。
西岸はあの世に関係する遺跡群。
と、なっているそうです。

カルナック神殿の第一塔門裏側

130513-1

塔門作成時の、足場用日干しレンガが残っています。
こうやって、でっかい遺跡が作られてたんですねぇ。

130513-2
羊頭のスフィンクスがみっしり。

130513-3
134本もの柱が並ぶ大列柱室。

これに屋根とか付いてたんだよね。
どれだけ大きな建物だったんだろう・・・。

全部の写真を載せるとキリがない・・・!!
ルクソール神殿のラムセス2世の座像。
アメンヘテプ3世の中庭にある
閉花式(蕾状)パピルス柱。
もーどれもこれも、ただ
すごいなー。と

130513-4
何でもかんでもデカイし。

地震があったらどうなっちゃうんだろう。
(日本人的発想なんだろうか?)

130513-5
神殿の上に建てられたイスラム教のモスク。

遺跡が埋まっていたために、気づかずに上に建てられちゃったとか何とか。
・・・えええええー。


2011年の革命後は、観光客も減少しているようで
あとで行くカイロ博物館でも人が多くなくって
あのツタンカーメンの黄金のマスクさえゆっくり見放題!!な状態。
日本人観光客も少なかったです。

客引きのエジプト人は

「ヤマモトヤマー!」
「カカクハカイー!」
「ジューゴマイ、センエンー!」
「ミルダケ、タダー!」
「ゼンブデ、センエンー!」

と激しかったので、以前はもっと日本人が来てたんだろうな。
ほかは、どこでも

「ワンダラー」「ワンダラー」「ワンダラー」「ワンダラー」
とにもかくにも、大人も子供も「ワンダラー」

ちびざるは、これに相当辟易したようで
帰国後もしばらく言っていました。

そうそう、千円札は向こうの観光地で使える所もあるので
エジプトに行く時には多めに持っていくと、いいかもしれませんよ。

あと、ミネラルウォーターは観光バスの中で売ってくれます。
(ツアーだったら多分)


役に立つ情報も少しは載せねば。
にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。